« 『DEVIL デビル』 | トップページ | 『パターソン』 »

2018年3月20日 (火)

『パパのお弁当は世界一』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは、ひとりの女子高生が、自分のためにお弁当を作り続けてくれた父親への感謝のTwitter らしく、36万人が涙した...........ってのを映画にしたものなんやって。

監督をしてるフカツマサカズってひとは、どうやら音楽ビデオの監督さんとして有名らしく、また、主役のパパ演じてる渡辺くんは、TOKYO No.1 Soul Setのひとで、自身も息子のために弁当を作り続けて、その料理エッセイが人気になったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

パパのお弁当は世界一   ★★★☆☆   (2017年)

監督:フカツマサカズ
出演:渡辺俊美、武田玲奈、清原 翔、田中 光、熊谷江里子、染野有来、萩野みかん、葵 叶望、中部良子、原 優理子

妻と離婚して、ひとり娘と二人で暮らすようになった男は、高校生になった娘のために、毎日お弁当を作ることにしたのだが....................ってな、実話を基にしたドラマ?!

まったく料理をしたことがなかった父親は、試行錯誤しながら弁当作りに励むが、最初はひどいデキで、それでも残さずに食べてくれる娘のために、会社の同僚からアドバイスをもらって、徐々に腕を上げていき.............ってことで、弁当を通じた父と娘の絆をってとこなんやろな。

話そのものは、基本的には心温まるエピソードで(ちょっと娘の行動が理解できないところもありつつ..............)、なるほど悪くないんやけど、全体の作品のテイストってのが、中途半端にコメディ調の演出をしてるあたり、どうもシックリとこんかった。

娘役の若手女優の売り出しのための、低予算で作った宣伝映画って位置づけなのかもしれんけど、盛り上がりや感動という点では、一人暮らしのハゲおやじには、ほとんど伝わるものはなかったかな?!(苦笑)

« 『DEVIL デビル』 | トップページ | 『パターソン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事