« 『ありがとう、トニ・エルドマン』 | トップページ | 『ダブル・ガントレット』 »

2018年3月 4日 (日)

『RENT/レント』

今日は、なんとなく春のような陽気に誘われて(?)、お気に入りのミュージカル映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ブロードウェイで大ヒットしたミュージカルを映画化したもので、元ネタはピュリッツァー賞を受賞したりして、かなりの話題になったらしいんよ。

監督をしてるクリス・コロンバスといえば、80年代に『グーニーズ』『グレムリン』といった作品の脚本を書いて注目され、その後、『ホーム・アローン』で大ヒットを飛ばしたんよなぁ。

ハリー・ポッターのシリーズでも、最初の2作で監督をやったりして、その後も製作に回って、作品に関わってたんよね。

というわけで、娯楽系の作品が得意な監督さんが、ここまでミュージカルをうまく撮るんかって、ちょっと驚いた作品の感想は.......................?!

RENT/レント / Rent   ★★★★   (2005年)

監督:クリス・コロンバス
出演:ロザリオ・ドーソン、アダム・パスカル、アンソニー・ラップ、ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア、ジェシー・L・マーティン、トレイシー・トムズ、テイ・ディグス、ダニエル・ロンドン、サラ・シルヴァーマン、アーロン・ローア、イディナ・メンゼル

ニューヨークを舞台に、それぞれに夢を見ながらも、家賃すら払えない生活をしている若者たちの恋愛、悩み、そして希望を描いた大ヒット・ミュージカルの映画化?!

いやぁ、素晴らしい!
ミュージカル映画って、どうしても違和感があって入り込むのに苦労するんやけど、これは、ドラマチックな展開に、思わず前のめりになって、のめり込んでもた。

それぞれの役を演じてる役者が、個性的な歌声を聴かせくれて、切ない恋のことや、生きること、死ぬこと、様々な若者の感情を音に乗せて語るんやね。

大切な仲間、いとしい恋人、別れの悲しさ、観てるうちに感情がシンクロしてもうて、いつしか頬を熱い涙が伝ってきてもうて..................!?

貧乏でも夢がある、昨日ではなく未来でもなく、今日というこの一日、一瞬を大切に精一杯生きていくんやって、そんなメッセージが熱く伝わるんやなぁ。

最後には、そんな彼らに盛大な拍手をおくりたくなる.................なんか、やっぱり本場のミュージカルを観たくなる、そんな気分にさせられてもうた。

ブラボー!(拍手)

« 『ありがとう、トニ・エルドマン』 | トップページ | 『ダブル・ガントレット』 »

My お気に入り」カテゴリの記事

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事