« 『戦場のアリア』 | トップページ | 『ロストパラダイス・イン・トーキョー』 »

2018年4月30日 (月)

『フットボール・ファクトリー』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、イギリス映画をひとつ、ご紹介♪

今年はサッカー(Foot Ball)の祭典、ワールドカップがあるって楽しみにしてたら、まさかの監督解任で、日本サッカー協会のダメっぷりにうんざりしてもうたワケやけど、そんな気持ちに喝を入れる(?)べく、フットボールの熱いところを(笑)

監督のニック・ラブってひとは、ロンドンの出身で、ちょっと前に紹介した『アメリカン・ヒーロー』って作品や、レイ・ウィンストンが主演した『ロンドン・ヒート』を撮ったひとなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

フットボール・ファクトリー / The Football Factory   ★★★☆☆   (2004年)

監督:ニック・ラブ
出演:ダニー・ダイア、フランク・ハーパー、テイマー・ハッサン、ニール・マスケル、ジェイミー・フォアマン、ローランド・マヌーキアン、ダッドレー・スットン、ソフィー・リンフィールド

人気クラブのチェルシーを応援し、フーリガンとして週末になると仲間たちと一緒に暴れまわる男の様子を描いた.......................バイオレンスもの??

チェルシー・サポーターとして、相手チームのサポーターを拳でブチのめす、そんなことに生きがいを感じる男たちは、長年の宿敵、ウィーガン戦を控え......................ってね。

試合結果なんんて関係なく、ただ、相手をボコボコにする、すでにフットボールは関係なく、やるか、やられるかで、半端やなく無茶苦茶な話やわ(苦笑)

強烈なファン心理と仲間意識、そして歯止めの効かない暴力の融合、感心できたもんではないんやけど、それが根付いているという現実に、イギリス人の熱さ、サッカーというものの深さを垣間見るよなぁ。

まぁ、冷静に考えれば、ただの野蛮な暴力野郎たちなわけで、かなりアホさも感じるんやけど...........................なんて?!(笑)

« 『戦場のアリア』 | トップページ | 『ロストパラダイス・イン・トーキョー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事