« 『歓びのトスカーナ』 | トップページ | 『ピザ!』 »

2018年4月 8日 (日)

『グレイテスト・ショーマン』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、ミュージカル映画をひとつ、ご紹介♪

いやぁ、最近ちょっと映画館に行けてなくて、この作品も2月16日に初日公開で、いろいろと評判を聞いて気にりつつも、なかなか観れなくて、ようやく1か月半以上してから、こうして感想を書けるようになったんよ。

アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされて、ゴールデン・グローブでは歌曲賞を受賞し、ミュージカル・コメディ部門の作品賞と主演男優賞にノミネートされて、アメリカでもヒットしたらしいんよね。

監督のマイケル・グレイシーくんは、どうもこれが長編デビュー作のようで、どうやら人気漫画のNARUTOの実写映画版のプロジェクトで、監督候補になってるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

グレイテスト・ショーマン / The Greatest Showman   ★★★★   (2017年)

監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、キアラ・セトル、サム・ハンフリー、ポール・スパークス、エリス・ルービン、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ

仕立屋の息子として生まれ、早くに父を亡くしてからは、その日暮らしの生活をしていた男は、やがて幼なじみの裕福な家庭に育った女と結婚し、貧しいながらも、家族のために必死に働き、夢だったショービズの世界での一歩を踏み出すが................ってなミュージカルもの?!

社会で虐げられていた人たちを舞台にあげ、誰も見たことのないショーで人気となるが、せっかく手にした成功も........ってことで、波乱万丈の生き様をってとこなんかな。

この作品、前評判どおり、なかなか力強い楽曲でうまくドラマを盛り上げるもんやから、観ててグイグイと引き込まれるんよ。

話としては、不遇な下積みから一発逆転で成功を手にし、そこから挫折があって、再生へってことで、シンプルかつ、ある意味“王道”な展開で目新しさはそれほどないんやけど、ポジティブなメッセージを前面にだした勢いで、潔く押し切られる感じやった(笑)

相変わらずのヒュー・ジャックマンの歌声の微妙さは置いといて(?)、久々にミュージカルに挑戦のザックくんをはじめ、楽曲の良さで十分にミュージカル映画としての魅力を放ってたかな。

確かにこれ、サントラが気になる、そんな作品やったね?!

« 『歓びのトスカーナ』 | トップページ | 『ピザ!』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事