« 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 | トップページ | 『未来よ こんにちは』 »

2018年4月14日 (土)

『15時17分、パリ行き』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、クリント・イーストウッド監督の最新作をひとつ、ご紹介♪

この作品、2015年に実際にフランスの高速鉄道で起こった事件を描いてるらしいんやけど、作品の主役を演じてる3人が本人みたいで、更に列車の乗客として出演してる人たちも、事件のあった列車に乗ってたひとたちが、本人役で出演してるんやって。

クリント・イーストウッドと言えば、最近は自分で演じる機会も減って、すっかり“映画監督”というイメージになってきたけど、彼にとってこの作品は、36本目の監督作らしいんよ。まつ、出演作はもっと多いんやけど(笑)

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

15時17分、パリ行き / The 15:17 To Paris   ★★★☆☆   (2018年)

監督:クリント・イーストウッド
出演:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジュディ・グリア、ジェナ・フィッシャー、トーマス・レノン、ポール=ミケル・ウィリアムズ、ブライス・ガイザー、ウィリアム・ジェニングズ、トニー・ヘイル、レイ・コラサーニ、アイリーン・ホワイト

休暇旅行で訪れたヨーロッパで、幼馴染の3人の男たちは、アムステルダムからパリ行きの高速列車に乗るが、途中でテロリストが銃を持ち込み、大量殺人を試みるも、彼らの勇気ある行動で.....................ってなことで、実話を基にしたドラマ?!

子どもの頃から問題を起こしてばかりで、それが縁で親友になった3人、うち二人は軍に入隊し、別々の道を歩んでいた3人が、久しぶりに一緒に旅行に出た先で...............ってことで、ヨーロッパでテロを未然に防いだアメリカ人の若者の活躍をってことなんかな。

実話を使って、主人公となる3人の人となりを説明した上でって構成は分からんでもないんやけど、なんかね、作品の情報を聞いて想像してた内容と違いすぎて、しかも、盛り上がりそうな部分が、意外とアッサリなもんやから、肩透かしをくらったような感じやったよ(苦笑)

いざという時に、あなたならどうするか、そして実際に行動した若者たちの勇気を讃えるってことなのかもしれんけど、前振りとクライマックスのバランスが悪すぎるのか、イマイチ盛り上がらんかったよ?!

« 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 | トップページ | 『未来よ こんにちは』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事