« 『恋と嘘』 | トップページ | 『ポリーナ、私を踊る』 »

2018年4月21日 (土)

『不都合な真実 2 :放置された地球』

今日は、環境に関するドキュメンタリーをひとつ、ご紹介♪

2006年に作られた『不都合な真実』といえば、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したのをはじめ、数々の賞に輝いた、傑作ドキュメンタリーやんね。

あまりにもセンセーショナルな内容もあって、環境破壊は科学的な根拠に乏しいとか、感情論に過ぎないとか、いろいろな批判もあったらしい。

ただ、その後の世界で起こる数々の異常気象や天然災害を見てると、何が真実なのかってのは、なんとなく分かるような気がするんやけどね。

というわけで、4月でありながら、気温が30度になろうかという日に、あらためて環境問題を問うという意味で、続編の感想を...................?!

不都合な真実 2 :放置された地球 / An Inconvenient Sequel : Truth To Power   ★★★★☆   (2017年)

監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク
出演:アル・ゴア

前作の公開から約10年が経過し、その後、気候変動による危機がどこまで進んだか、そして、それを阻止するために奮闘するゴア元副大統領の活動を追いかけたドキュメンタリー?!

地球温暖化は着実に進み、自然からの警鐘を映像で追いながら、政治から離れて、世の中を少しでもいい方向に変えるために、熱く語りかけるゴアさんの姿をってところで、今回もいろいろと考えさせられたよ。

風力や太陽光などの再生可能エネルギーで、なんとか進んだ針を戻そうとする活動と、一方で国の発展のために、石油や石炭を捨てることができない途上国、なかなか妥協点が見つからないなか、必死になって頑張るゴアさんを見てると、ほんとこの人がブッシュの代わりに大統領になってたら....................って思ってまうよね。

国のエゴや個人の無関心、それによって異常気象が起きて、地球環境が悪化しているという現実を、変えることができるのは、ひとりひとりの意識の変化や、国としての決断なわけで、太陽光の推進のハシゴをはずし、利権にかられて、しれっと原発を再稼動させまくってる、どこかの総理大臣に、ゴアさんからレクチャーしてもらって欲しいなぁって、切に願ってまうよなぁ.......................?!(笑)

« 『恋と嘘』 | トップページ | 『ポリーナ、私を踊る』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事