« 『50年後のボクたちは』 | トップページ | 『不都合な真実 2 :放置された地球』 »

2018年4月20日 (金)

『恋と嘘』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタになってるのは、どうやら人気の漫画らしいんやけど、例によってまったく読んだこともなく、前知識なしで鑑賞したんよね。

監督をしてる古澤 健ってひとは、ちょっと前に紹介した『ReLIFE リライフ』って作品や、橋本 愛が主演した『アナザー Another』ってのを撮ったひとで、NHKの朝ドラ「朝が来る」の演出さんかもしてたらしい。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

恋と嘘   ★★☆☆☆   (2017年)

監督:古澤 健
出演:森川 葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、温水洋一、眞島秀和、木下ほうか、徳井義実、遠藤章造、三浦理恵子、中島ひろ子

少子化対策として、16歳になったときに政府からの通知で、遺伝的に自分にぴったりな相手を紹介され、そのまま結婚すると、様々な保障を受けられる、そんな世の中で、ふたりの男の間で揺れる女子高生の恋を描いたドラマ?!

幼なじみと、いつも一緒の女子高生は、“政府通知”で総合病院を営む家の御曹司とのマッチングを告げられるが、相手は自分に感心を示さず..........ってなことで、タイプの違う2人の男との三角関係をってなとこかな。

う~ん、おそらくマジメに演技を語るような作品ではないんやろうけど、あまりのチープさに、かなり精神的に“いただけない”ものに仕上がってたよ。

設定としては、自分のようにモテない男にも夢があるんやけど、でも、出てくるのはイケメンだけで、その部分に共感するようなもんでもないし................(苦笑)

イロイロとツッコミどころも多く、恋愛ドラマとしても、“ありがち”な域を出ることなく、学芸会のような演技を延々と見せられると、さすがに気持ちが萎えてきてもうたよ?!

« 『50年後のボクたちは』 | トップページ | 『不都合な真実 2 :放置された地球』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事