« 『ポリーナ、私を踊る』 | トップページ | 『愛の病』 »

2018年4月23日 (月)

『セリーナ 炎の女』

今日は、チェコとフランスの合作映画をひとつ、ご紹介♪

スザンネ・ビア(スサンネ・ビア)監督というと、デンマーク出身のひとで、『ある愛の風景』、『アフター・ウェディング』といった作品で注目され、『未来を生きる君たちへ』って作品ではアカデミー賞の外国語映画賞を受賞したりしてて、そんな日本でも名前の知られてる監督さんの作品が、“未体験ゾーンの映画たち”っていう企画モノ上映会でしか公開されてないってのに、ちょっと驚いたんやけど、作品を観ると.....................ね(笑)

まぁ、ちょっとヨーロッパの合作といいつつ、主演にジェニファー・ローレンスやブラッドリー・クーパーが名を連ねてるってのも、不思議ではあるんやけど。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

セリーナ 炎の女 / Serena   ★★★☆☆   (2014年)

監督:スザンネ・ビア
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、リス・エヴァンス、ショーン・ハリス、トビー・ジョーンズ、アナ・ウラル、ダーヴィッド・デンシック、サム・リード、クリスチャン・マッケイ

製材会社を営む男は、妹に会いに行ったときに見かけた女に一目惚れし、彼女と結婚することに。会社のある森林を自然保護区にしようという動きがあるなか、妻と一緒に会社を切り盛りするのだが..............ってなドラマ?!

会社の経営が思うようにいかないなか、右腕として働いていたパートナーに裏切られ、更に問題が.............ってなことで、ドロドロの人間関係をってとこなんかな。

う~ん、監督さんの才能を高く買ってるだけに、あまりにも深みのないドラマに、ちょっと反応に困ってもうたよ(苦笑)

これは、ひょっとすると、タイトルになってるキャラを演じるジェニファー・ローレンスが女優として好きか、どうかっていう視点でしか論じられない作品なのかもしれんと思いつつ、もしそうだとしたら、ちょっと個人的にはムリかもって思ってもうた。

男と女の愛憎劇ってところで、美男美女を揃えて、豪華な共演でってことなのかもしれんけど、監督さんの作品として観たいのは、こういうのではないんよなぁ............?!

« 『ポリーナ、私を踊る』 | トップページ | 『愛の病』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事