« 『ナインイレヴン 運命を分けた日』 | トップページ | 『15時17分、パリ行き』 »

2018年4月13日 (金)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、原作になってるのは人気作家(?)の東野圭吾で、宣伝のうたい文句で“東野圭吾 史上で最も泣ける小説”とか言ってたような.........................(苦笑)

まぁ、ほんとこれは好き嫌いの問題ではあるんやけど、ひとに文庫本を何冊かもらって、東野圭吾の小説を読んだんやけど、個人的には、ひとつとしてシックリとくるものがなくてなぁ。

ちなみに、この作品、今年の日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、美術賞の6部門にノミネートされたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

ナミヤ雑貨店の奇蹟   ★★★☆☆   (2017年)

監督:廣木隆一
出演:山田涼介、村上虹郎、寛 一郎、林 遣都、門脇 麦、西田敏行、萩原聖人、成海璃子、山下リオ、小林 薫、尾野真千子、吉行和子、手塚とおる、鈴木梨央

強盗に押し入り、逃げる途中で車がエンストしてしまい、空き家になっていた雑貨店に逃げ込んだ3人の若者は、店の郵便受けを通して投函される悩み相談の手紙で、不思議な体験を...............ってなお話?!

1980年の日付が書かれた手紙を受け取り、返事を書くと、相談主とのやり取りが........ってなことで、時空を越えた手紙のやり取りで、つながった心が奇蹟をってね。

この手の話は、やっぱりご都合主義が過ぎると、話がアザとくなりすぎて、どうしても気持ちが入っていかんのよなぁ(苦笑)

悩み相談から、人生が少しずつ変わり、それがつながって.........ってのは、感動話として分からんでもないんやけど、なんかちょっとどうなんやろうって思ったりしてね。

結構、豪華な面々を揃えてるものの、メインを張る3人がチャラすぎて、全体的なイメージが、なんかガチャガチャしたまま、話があっちこっち飛んでってなってまうと、なんも心に響くものがなかったよ。

これで日本アカデミー賞6部門ノミネート..........本気で日本映画界の行く末を案じてまうわ(笑)

« 『ナインイレヴン 運命を分けた日』 | トップページ | 『15時17分、パリ行き』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事