« 『ハローグッバイ』 | トップページ | 『グレイテスト・ショーマン』 »

2018年4月 7日 (土)

『歓びのトスカーナ』

今日は、イタリアとフランスの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門で受賞したらしく、またイタリアのゴールデン・グローブで脚本賞を受賞したりして、本国ではかなりの評価やったみたいなんよ。

監督のパオロ・ヴィルズィってひとは、前作の『人間の値打ち』って作品でもドナテッロ賞7部門を制してて、『見わたすかぎり人生』って作品など、なかなかいいドラマを世に出してるんよね。

今年1月に劇場で公開されてたヘレン・ミレンが主演した『ロング、ロングバケーション』って作品では、ヴェネチア映画祭の金獅子賞の候補にもなってたみたいやし。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

歓びのトスカーナ / La Pazza Gioia   ★★★☆☆   (2016年)

監督:パオロ・ヴィルズィ
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマツォッティ、アンナ・ガリエナ、マルコ・メッセーリ、ヴァレンティーナ・カルネルッティ、トンマーゾ・ラーニョ、ボブ・メッシーニ、フランチェスカ・トゥリーニ、セルジョ・アルベッリ、ベアトリス・スキロス

精神病の女性のための診療所で暮らす女性は、新しく入所してきた女性が気になり、なかば強引に同部屋にしてもらい、親しくなろうとするが...............ってなドラマ?!

虚言癖のある女性と、過去の出来事により心を閉ざす女性、そんなふたりが一緒に行動をするうちに、いろいろと騒動を巻き起こし..........ってなことで、ちょっと異色の友情ドラマってとこなんかな。

この作品、なんといっても主演のテデスキくんの、心のバランスを失った女性っていう難しい役どころの演じ方の上手さが光ってた。

それぞれに心に傷を持つ女性ふたりが、ぶつかり合いながらも支え合い、ちょっとしたロードムービーの体(てい)で、大切なものを見つけにいくって話は、設定がかなり特異ながらも、うまくまとまってたね。

まったく内容と合ってない(と個人的には思う)邦題の、イタリア映画=とりあえず“トスカーナ”ってタイトルに入れとくか、的な安直さが鼻につくんやけど、そんな違和感を忘れてしまえば、ドラマとしては、なかなかの味わいやったかな?!

« 『ハローグッバイ』 | トップページ | 『グレイテスト・ショーマン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事