« 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 | トップページ | 『世界は今日から君のもの』 »

2018年5月 7日 (月)

『スウェー★ニョ』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、ちょっとラテンの香りのする(?)青春ものをひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるジョン・レグイザモって役者さん、コロンビア出身なんやけど、結構、メジャーな作品に脇役で出てインパクトのある演技をしてるひとで、イメージ的にはラテン系のヤバいおじさんって役どころが多い気がするね(笑)

実は、ディカプリオが主演して話題になった『ロミオ&ジュリエット』で敵役を演じて注目されたりしてたんやけど、そこから着実にキャリアを築いてる感じかな。

一方、この作品でヒロインを演じてるアナ・クラウディア・タランコンって女優さんは、メキシコのカンクンの出身で、ガエル・ガルシア・ベルナウと共演した『アマロ神父の罪』とか、ちょっと話題になったメキシコ映画『カクタス・ジャック』なんかに出演してて、他にも『命を燃やして』とかハビエル・バルデムが主演した『コレラの時代の愛』なんかにも出演してるんよ。

メキシコでは、映画出演してるっぽいんやけど、最近、なかなか出演作が日本で紹介されてないんで、ちょっと残念やったりして。

というえわけで、そんな作品の感想は......................?!

スウェー★ニョ / Sueno   ★★★☆☆   (2005年)

監督:レニー・チャバリア
出演:ジョン・レグイザモ、アナ・クラウディア・タランコン、エリザベス・ペーニャ、ネストール・セラノ、ホセ・マリア・ヤスピク、ナディーン・ヴェラスケス、マイケル・ペーニャ、カル・ペン、アレハンドロ・パティーノ

ミュージシャンになるという夢を実現させるためメキシコを飛び出してロサンゼルスにやって来た一人の男は、くすぶりながらも、夢に向けてあがくのだが.............ってな青春&恋愛ドラマ!?

挫けそうになりながらも、二人のタイプの違う女性との出会いを励みに、頑張るラティーノだったが....................ってことで、やっぱ男のモチベーションはそこかな(笑)

まぁ、そんなストーリーをムリなく納得させるという点では、そりゃ本気になるでっ、ってくらいタランコンがかわいいわけで!

内容は、いかにもなB級ラテン映画ながら、純粋に仲間と自分の気持ちを大切に生きる主人公に、ぐっと共感することはできるってところは悪くないかも。

まぁ、それでも、やっぱりB級の域は出てなくで、残念ながらラテンのステップ並みの展開力はなかったかなぁ....................なんて!?

« 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 | トップページ | 『世界は今日から君のもの』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事