« 『ステップ!ステップ!ステップ!』 | トップページ | 『メゾン・ド・ヒミコ』 »

2018年5月21日 (月)

『恋するギャンブラー ~しあわせになるヒケツ教えます~』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、ちょっと古い作品をひとつ、ご紹介♪

監督をミシェル・ギャラガーってひとは、どうやら監督をしたのはこの作品だけで、最近はどうやら女優として、いろいろと作品に出演してるみたいなんよね。

主演のロバート・フォスターって俳優さんは、最近ではメジャー作品の脇役として活躍してるんやけど、もともとB級映画の御用達俳優やったのが、タランティーノが『ジャッキー・ブラウン』って作品で起用したことで注目されて、アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされて、ブレイクしたらしいんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

恋するギャンブラー ~しあわせになるヒケツ教えます~ / Strange Hearts   ★★★☆☆   (2001年)

監督:ミシェル・ギャラガー
出演:ロバート・フォスター、ローズ・マッゴーワン、キップ・バルデュー、ハリー・ハムリン、メグ・ウィットナー、アンドリュー・ヘックラー、トニー・サントロ、キース・アダムス、ケリー・ドノバン

サエない中年ギャンブラーと、ツキを持ってるテキサスから出てきた青年、そして、そんなふたりが恋するひとりのミステリアスなストリッパー、幸せを探す男女の恋物語?!

いやぁ、別にあえて言うことでもないんやけど、見事なまでに期待通り(?)のB級ぶりやったよ(笑)

クイズ・ショーを舞台にした運試し、本当にどうでもいいような内容の、ゆる~い話で、どう見てもイケメンで売出し中やったキップ・バルデューくんのプロモーション映画的な作りになってた。

日本帰りのヒロインの、芸者、ハラキリ的描写ってのは、いかにもハリウッド的なアリガチなノリで、向こうの人にはエキゾチックな魅力があるんかもしれんけど、日本人からすると、かなり引いてまうって。

なんてことを言いつつも、この手の作品に最初から期待するものはなく、まぁ、これはこれで、それなりのデキってことなんかな?!(笑)

« 『ステップ!ステップ!ステップ!』 | トップページ | 『メゾン・ド・ヒミコ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事