« 『レディ・ガイ』 | トップページ | 『彼女がその名を知らない鳥たち』 »

2018年6月 7日 (木)

『ゲット・アウト』

今日は、ちょっと不気味なサスペンスものをひとつ、ご紹介?!

この作品、実はアカデミー賞で脚本賞を受賞したもので、他にも作品賞、監督賞、主演男優賞に乗り物酔いしてもうたよ。

監督をしてるジョーダン・ピールってひとは、どうやらアメリカでは人気のコメディアンらしいんやけど、監督業ってことでいえば、これがキャリアの始まりってとこなのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

ゲット・アウト / Get Out   ★★★★☆   (2017年)

監督:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ブラッドリー・ウィットフォー、キャサリン・キーナー、スティーヴン・ルート、マーカス・ヘンダーソン、レイキース・スタンフィールド、リルレル・ハウリー

白人の彼女と付き合っている黒人の彼は、週末を使って、彼女の両親や弟に会いに行くことになったのだが.......................ってな、ホラー調のサスペンス?!

黒人である自分を歓待してくれる彼女の家族だが、家にいる二人の使用人の黒人の様子に違和感を感じ.................ってなことで、意外性のあるドラマが展開するんよ。

母親役のキャサリンくんが、ちょっと不気味な雰囲気で、なんとなくザワザワしたなかで、思いのほか大胆な展開に、グイグイ引き込まれてもうたよ。

また、主役を演じてるダニエルくんのリアクションが秀逸で、妙な話ではあるんやけど、なかば強引に納得させられてもうた感じかな。

それにしても.............................暗闇で走って向かってくるひとが、ホラーになるとは.........................ちょっと新鮮!?(笑)

« 『レディ・ガイ』 | トップページ | 『彼女がその名を知らない鳥たち』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事