« 『万引き家族』 | トップページ | 『全員死刑』 »

2018年6月25日 (月)

『マザー!』

ダーレン・アロノフスキー監督といえば、ナタリー・ポートマンが主演した『ブラック・スワン』
彼女が主演女優賞を受賞して、作品賞や監督賞、撮影賞や編集賞にノミネートされて話題になったやんね。

そんな注目の監督さんの作品に、若手 で人気のジェニファー・ローレンスが主演し、ハビエル・バルデムやエド・ハリスが共演するとなると、それなりに期待が高まるわけなんやけ ど..................どういうわけかゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)でワースト主演女優賞、ワースト助演男優賞、ワースト監督賞 にノミネートされてしまったのが、これらしいんよなぁ(苦笑)

というわけで、まさかそんなことは、って思いながら鑑賞した作品の感想は......................?!

マザー! / Mother !   ★★☆☆☆   (2017年)

監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ドーナル・グリーソン、ミシェル・ファイファー、ブライアン・グリーソン、スティーヴン・マクハティ、クリステン・ウィグ、ジョヴァン・アデポ

人里はなれた所に建つ一軒家で、詩人である夫と暮らす女は、家のリフォームをしながら、幸せな日々を過ごしていたが、ある日、知らない男を家に泊めることとなり..................ってなドラマ?!

ふたりのプライベートも関係なく、入り込んできた男は、後からやって来た自分の妻も呼び込み、そんな夫婦の後を追いかけて2人の息子もやってきて..................ってことで、日常を踏みにじられ、戸惑う女の話ってね。

なんかね、平穏な暮らしを乱す訪問者たちってことで、ズレていく日常からのカオス的なものをってことなんかもしれんけど、どうにも、よく分からん作品やったよ。

心理描写や独特の映像表現で混乱を映し出しってところで、監督さんらしいといえば、そうなんやけど、あまりにも独特な世界で突っ走られてもうて、凡人にはついていけんかった(苦笑)

よく言えば、きっと玄人好みの作品ってことで、評価されたりするんやろうけど、完全に置き去りにされた者からすると、ひたすら募る“イライラ感”とワケの分からない話に、感情が整理できんかったよ。

まぁ、ある意味、実験的な作品ってことで、監督さんも原点回帰したかったんかなぁ......................なんてポジティブに考えてみたりもするんやけど.....................ね?!

« 『万引き家族』 | トップページ | 『全員死刑』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事