« 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 | トップページ | 『フレッシュ・デリ』 »

2018年6月10日 (日)

『女神の見えざる手』

今日は、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品、全米ライフル協会にケンカを売るような内容になってる(?)せいなのか、本国アメリカでの評価は、どうやら賛否両論ってことになってるらしいんよ。

これだけ頻繁に、無差別的な銃乱射事件が起こって、数多くの犠牲者が出てるという現状を踏まえても、銃規制が一向に進まないってのは、外から見てると不思議でならないんやけど、憲法によって銃の保有が認められてるというなかで、政治(家)の立ち位置や、それを取り巻く人たちの思惑ってのが、なんとなく分かる内容は、考えさせられるものがあったかな。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

女神の見えざる手 / Miss Sloane   ★★★★☆   (2016年)

監督:ジョン・マッデン
出演:ジェシカ・チャスティン、マーク・ストロング、アリソン・ピル、ジョン・リスゴー、ググ・ンバータ=ロー、マイケル・スタールバーグ、ジェイク・レイシー、サム・ウォーターストン、ラウール・バネジャ、ノア・ロビンス、デヴィッド・ウィルソン・バーンズ、ダグラス・スミス、メーガン・フェイヒー、グレース・リン・カン、ディラン・ベイカー

政治の裏でロビー活動を仕切る会社で、腕利きのロビイストとして働く女性は、その実力を買われて、全米ライフル協会から、新たな銃規制法案を廃案にするためのロビー活動を指揮するよう依頼を受けるが、断ることに...........ってなサスペンスもの?!

会社の最重要クライアントの依頼を断ったことで、クビになった彼女は、法案成立のためのロビー活動をする会社に移籍し、対決することに........ってなことで、政治の裏側のハゲしい攻防をってね。

睡眠時間を削ってでも、勝利を目的に、手段を選ばずに活動する、そんなスゴ腕のロビイスト役を、ジェシカくんが持ち前の気合いで頑張ってた。個人的には、マークおじさんが、地味ながら、抑えた演技で要所を締めるあたりで、安心して観てられたかな。

ひとつの法案を巡り、強力な利益団体と、それに真っ向から勝負を挑む女性のバトル、その結末はってことで、緊迫感とヒネリがあって、夢中にさせられたよ。

ここ最近、ずっと“しょっぱい”作品を作り続けてた(?)ジョン・マッデン監督の、ようやくの復活って感じかもね?!

« 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 | トップページ | 『フレッシュ・デリ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事