« 『南瓜とマヨネーズ』 | トップページ | 『カサノバ』 »

2018年7月25日 (水)

『レッド・スパロー』

今日は、スパイものをひとつ、ご紹介♪

この作品の元ネタは、元CIAの工作員だったひとが書いたベストセラー小説ってことらしく、“その筋”だったひとが物語にしたが展開されてるんよ。

監督のフランシス・ローレンスってひとは、『ハンガー・ゲーム』のシリーズ第2作目から撮ってて、ジェニファー・ローレンスとは、そんなシリーズからの付き合いで、今回も主演をお願いしてるってとこなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

レッド・スパロー / Red Sparrow   ★★★☆☆   (2018年)

監督:フランシス・ローレンス
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、シアラン・ハインズ、ジョエリー・リチャードソン、ビル・キャンプ、セルゲイ・ポルーニン

バレエ団でプリマをしていた女は、舞台上でのアクシデントでダンサー生命を絶たれ、病気の母の治療費の問題もあり、ロシアの諜報機関で働く叔父の誘いで、仕事の手伝いをするのだが.................................ってなサスペンスもの?!

なかば強引に諜報機関に引きずり込まれ、訓練を受けた彼女は、アメリカに情報を流している“もぐら”を突き止めるために、CIAのエージェントに近づくように命じられるのだが.............................ってなことで、米ロの諜報機関の攻防をってとこなんかな。

主演のジェニファーくんは、見た目からして、どこかフテブテしさがあって、こういう女工作員って役柄はあってるのかもしれないね。ただ、役柄上の演出ってことなのか、いつも感じることなんやけど、彼女の演技からは、キャラクターの深みってのが伝わってことないんよねぇ...........................(苦笑)

ちょい役ながら、シャーロットおばちゃんの存在感がスゴすぎて、お茶目すぎる(笑)役柄もあいまって、短い時間ではあるんやけど、登場シーンでは完全に画面を制圧されてしまったかな。

心のなかに葛藤を抱えたヒロインが、逆境のなかで強大な権力を相手に仕掛けるゲーム、その行方はってことで、ちょっと尺が長かったんやけど、それを感じさせない展開力はあったかもね?!

« 『南瓜とマヨネーズ』 | トップページ | 『カサノバ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事