« 『ダークタワー』 | トップページ | 『勝手にふるえてろ』 »

2018年7月12日 (木)

『シンクロナイズドモンスター』

今日は、コメディ調のファンタジーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、別のをレンタルしたときに予告にあって、アン・ハサウェイが主演かぁって思いつつ眺めてたら、なんかお茶目な感じで、妙に気になってもうたんよね。

製作スタッフを見てみると、アン・ハサウェイが製作総指揮の面々のひとりとして、名前を連ねてるところを見ると、かなりノリノリで企画に乗っかってたっぽいな(笑)

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

シンクロナイズドモンスター / Colossal   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ナチョ・ビガロンド
出演:アン・ハサウェイ、ジェイソン・サダイキス、ダン・スティーヴンス、ティム・ブレイク・ネルソン、オースティン・ストウェル、クリスティン・リー

失業して、仕事も探さずに、友人たちと飲み歩いていたことで、同棲中の彼に三行半を突き付けられ、故郷に戻って来た女は、韓国のソウルに出現した怪獣のニュースに驚きながらも、あることに気づき............ってなコメディ調のSFもの?!

アメリカの田舎町にある公園の砂場とソウルの中心部に現れる怪獣、それがなぜかシンクロして.............ってなことで、話のネタとしては、かなり意表をつく感じやったよ(笑)

飲んだくれて砂場を歩くと、ソウルでは怪獣が同じように動いてビルをなぎ倒して、人々を踏みつける、そんな話の主人公をオスカー女優が喜々として演じるってところが、なかなか楽しいよね。

そんな話のとっかかりのインパクトから、ちょっと途中からグタグタになってしまったのが、なんか残念やったかなぁ。

話に深みを(?)ってところで、いろいろとネタを散りばめってのは分からんでもないけど、どうせならB級ノリで突っ走ってもらったほうがって思わんでもないし、出だしの勢いが最後まで続かないところが、この作品の限界やったのかも?!

« 『ダークタワー』 | トップページ | 『勝手にふるえてろ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事