« 『レッド・スパロー』 | トップページ | 『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』 »

2018年7月26日 (木)

『カサノバ』

今日は、ヒース・レジャーが主演してた作品をひとつ、ご紹介♪

カサノバってのは、なかなか映画にしたくなる話らしく、70年代なかばにフェデリコ・フェリーニも映画にしてて、そのときに主演してたのがドナルド・サザーランドやったらしいんよね。

この作品では、スウェーデン出身のラッセ・ハルストレム監督がメガホンを取り、主演が今は亡きヒース・レジャーってことで、脇にジェレミー・アイアンズやオリヴァー・プラットなんかもいて、なかなか豪華な作りやったんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

カサノバ / Casanova   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、レナ・オリン、オミッド・ジャリリ、チャーリー・コックス、スティーヴン・グリーフ、ナタリー・ドーマー、ヘレン・マックローリー、リー・ローソン、ケン・ストット

18世紀のヴェネチアを舞台にして、どんな女性も夢中にさせてしまう名うてのプレイボーイ、ジャコモ・カサノバの恋物語を描いた作品?!

適度に耳に残る音楽に、細かい笑いを散りばめ、史上最強の“モテ男”と堅物のフェミニストの恋の行方は........................ってなことで、全体のテンポも悪くなく、よくできてるんやけど、ちょっと“ありがち”なハリウッドのラブ・コメディって体(てい)になってるようで、ラッセ監督の“らしさ”を期待した者には、少々物足りなさがあったかなぁ................。

若い役者を中心に、脇をベテランで固めってのは分かるんやけど、主役のふたりがどうもインパクトに欠けてるように感じてもうて、ジェレミーおじさんの、意外あなズッコケぶりを覗くと、ちょっと個性がないんよなぁ。

まぁ、全体的に軽い雰囲気の中で、真実の愛というテーマを巧みに描いてはいるんやろうけど、せっかく“モテ男”のテクニックでも学ぼうかと期待したハゲおやじには、ちょっと肩透かしやったかも.....................なんて?!(笑)

« 『レッド・スパロー』 | トップページ | 『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事