« 『勝手にふるえてろ』 | トップページ | 『ダンガル』 »

2018年7月14日 (土)

『unknown アンノウン』

今日は、ちょっと前の作品でサスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さん、これが長編映画デビュー作やったんやけど、もともとは音楽ビデオの監督をやってて、エンリケ・イグレシアスの作品を多く手がけてたらしい。

ちょっと前の作品の出演者を見てると、意外と今、脇役とかで活躍してるひとがいたりで、おやって思うんやけど、この作品なんかも、バリーくんやジェレミーくん、ピーターくんなんかも出てたりして、まさにその類やね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は...............................?!

unknown アンノウン / Unknown   ★★★☆☆   (2006年)

監督:サイモン・ブランド
出演:ジェームズ・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、ブリジット・モイナハン、バリー・ペッパー、ジェレミー・シスト、ピーター・ストーメア、ウィルマー・カルデロン

密室のなかで、記憶喪失のまま目覚めた5人の男達。そのうち2人が人質で3人が誘拐犯だと知るが...................ってなクライム・サスペンス?!

自分が誰なのかも分からず、誰が味方で誰が敵かも分からない、徐々に回復する記憶を探りながら、繰り広げられる駆け引き、なかなかの設定やったね。

役者陣の顔ぶれも悪くなくて、特にバリーくんは、いい演技をしてて、脇役ながら、さりげなく存在感があって、ちょっとお気に入り。

話全体としては、混乱と緊迫感が十分に出てて、それほど悪くなく、思った以上に楽しめたかな............まぁ、後半は展開が読めるんやけど、最後に仕掛けが..............でも、そこがちょっと安っぽかったりして。

結局のところ、女のしたたかさに踊らされてる愚かな男ってなところが、同じ男としては、あまりにも情けなさすぎるんやけどねぇ.................仕方ないか、男やから!(笑)

« 『勝手にふるえてろ』 | トップページ | 『ダンガル』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事