« 『恋とさよならとハワイ』 | トップページ | 『未来世紀ブラジル』 »

2018年8月 8日 (水)

『ブラックパンサー』

今日は、マーベル・コミックのヒーローものをひとつ、ご紹介♪

監督のライアン・クーグラーってひとは、マイケル・B・ジョーダンが主演した『フルートベール駅で』って作品がサンダンス映画祭なんかで絶賛されて、注目されたんよね。

でもって、監督さんの2作目が、“ロッキー”シリーズの『クリード チャンプを継ぐ男』で、そこでもマイケルくんをアポロの息子として起用してたっけ。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

ブラックパンサー / Black Panther   ★★★☆☆   (2018年)

監督:ライアン・クーグラー
出演:チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、マーティン・フリーマン、ダナイ・グリラ、レティーシャ・ライト、ダニエル・カルーヤ、フォレスト・ウィテカー、アンジェラ・バセット、ウィンストン・デューク、アンディ・サーキス、フローレンス・カサンバ、デンゼル・ウィテカー、セバスチャン・スタン、イザック・ド・バンコレ

アフリカの小国“ワカンダ”は、特殊な鉱物資源により、高度に文明が発達していたが、その秘密を守るため、世界とは隔離した暮らしをしていた。そんな国の国王がテロに巻き込まれて死亡したことで、長男が王位を継ぐことになったのだが...........................ってな、マーベルのヒーローもの?!

国を守る重責を担った男だったが、かつて鉱物資源を盗み、逃げていた武器商人の男が、大英博物館にあった鉱物資源で作られた武器を盗み出したことを知り、その男を捕まえようと韓国に向かうのだが.....................ってなことで、黒人のヒーローものってところに、ちょっと新鮮味があったね。

アフリカに先進国を凌駕する高度な文明があるってところも、今までにない発想で、ビジュアル的にも、いろいろと工夫されて表現されてるもんやから、なかなか楽しめたりして。

アフリカ系の役者がそろってるところで、ちょっとシリアスな笑いなしのマーティン・フリーマン登場ってところが、個人的にお気に入りだったりして(笑)

若干、2時間を越える尺が長い気がしなくもないけど、そこまで時間をあまり感じさせない展開力とアクションは、うまくまとまってるってことなのかもしれんね?!

« 『恋とさよならとハワイ』 | トップページ | 『未来世紀ブラジル』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事