« 『悲しみに、こんにちは』 | トップページ | 『空(カラ)の味』 »

2018年8月13日 (月)

『トラジディ・ガールズ』

今日は、青山シアターで毎年やってる「未体験ゾーンの映画たち」って企画もの上映会でやってたらしい作品をひとつ、ご紹介♪

この企画に登場する作品によくあるんやけど、シッチェス・カタロニア国際映画祭やサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)映画祭で賞を獲ったり、ノミネートされたものらしいんよ。

主演のふたり、アレクサンドラ・シップとブリアナ・ヒルデブランドって女優sなんたちは、どうやらマーベルのヒーローものに出演してるようで、期待の若手ってことなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

トラジディ・ガールズ / Tragedy Girls   ★★★☆☆   (2017年)

監督:タイラー・マッキンタイア
出演:アレクサンドラ・シップ、ブリアナ・ヒルデブランド、ジャック・クエイド、ニッキー・ウィーラン、ティモシー・V・マーフィ、ケリー・ローズ、クレイグ・ロビンソン、ケヴィン・デュランド

幼なじみで仲良しの女子高生ふたりは、実は殺人が大好きで、同級生をおとりに使いながら、巷を騒がしている連続猟奇殺人犯を“捕獲”し、教えを乞うのだが.............ってな、コメディ・ホラー?!

ひとつの事件をキッカケに、次から次へと犠牲者が増えていき、そこから意外な展開が.........ってなことで、まぁ、ちょっと異色なホラーでってとこなんかな。

女子高生がシリアル・キラーで、楽し気に殺しをするってところは、確かに少し意表を突かれた感はあったかも。そこから、ゆる~く友情やら恋愛やらのエピソードをはさみつつってところは、学園ドラマの装いもってね(笑)

ただ、ちょっと前半のぶっ飛んだノリから、後半はややネタが尽きた感があって、作品としてはボチボチってとこかもなぁ。まぁ、アイデアとしては悪くなかったんやけど、B級であることには、間違いない?!

« 『悲しみに、こんにちは』 | トップページ | 『空(カラ)の味』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事