« 『マーシャル 法廷を変えた男』 | トップページ | 『ブラックパンサー』 »

2018年8月 7日 (火)

『恋とさよならとハワイ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてる まつむらしんご ってひと、これが長編商業映画の2作目ってことらしいんやけど、卒業制作で作った1作目の『ロマンス・ロード』って作品がSkipシティ国際Dシネマ映画祭ってので賞をもらったらしいんよね。

その前にもぴあフィルムフェスティバルで入選をしたりして、なかなか注目されてる若手の監督ってことなのかもなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

恋とさよならとハワイ   ★★★☆☆   (2017年)

監督:まつむらしんご
出演:綾乃 彩、田村健太郎、鮎川桃果、亀田梨紗、加藤 葵、田中麦平、福永朱梨

3年のあいだ同棲してた相手は、かつては恋人同士だったが、実は半年前に別れたのだが、そのままズルズルと一緒に暮らしていて.............ってな恋愛ドラマ?!

“別れた”ことで、ちょうどいい距離感になり、その居心地のよさに甘えて、同居していたが、元彼を好きな後輩が現れ、戸惑うが..............ってな感じで、揺れる女心をってとこなんかな。

別れたつもりなのに、一緒に暮らしながら、どこかまだ好きな気持ちがってところの、曖昧な恋愛感情を表してるあたりが、なかなか絶妙やったかも。

主演の綾野くんは、ちょっと不器用な生き方で、恋愛ベタな感じを漂わせつつ、そんなヒロインの微妙な心の揺れってのを、上手く演じてた。

好きな気持ちを整理して、新たな一歩を踏み出す、なかなか分かっていても、簡単にはいかない、それが人の心の難しさってやつなのかもね?!

« 『マーシャル 法廷を変えた男』 | トップページ | 『ブラックパンサー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事