« 『さらば青春の光』 | トップページ | 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 »

2018年8月17日 (金)

『祈りの幕が下りる時』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、阿部 寛が主演してテレビドラマからスタートした“新参者”シリーズの最新作で、劇場版では『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』に次ぐ第2弾ってことになるらしい。

監督をしてる福澤くんってひとは、主にTVドラマ界隈で活躍してたようで、半沢直樹の演出をやったりもしてたみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

祈りの幕が下りる時   ★★★☆☆   (2017年)

監督:福澤克雄
出演:阿部 寛、溝端淳平、松嶋菜々子、田中麗奈、キムラ緑子、飯豊まりえ、春風亭昇太、及川光博、小日向文世、伊藤 蘭、桜田ひより、中島ひろ子、烏丸せつこ、山﨑 努、音尾琢真、上杉祥三

都内のアパートで、腐敗した女性の絞殺体が発見され、部屋を借りていた男が行方不明となっている事件で、なかなか捜査の糸口が見えないなか、部屋に残されたものがキッカケで、徐々に真相が...........ってなサスペンスもの?!

自分を置いて家を出て行った母親と、母が死ぬ前に一緒にいた男、そんな過去が事件の真相と絡み合い.......ってなことで、謎解きをってね。

主人公を演じる阿部くんの二枚目半のキャラを活かしつつ、複雑に絡み合う人間関係を紐解きながらってところで、それなりに飽きさせない内容になってたかな。

すでにあるシリーズものの流れのなかのひとつってことで、とやかく言うことでもないんやろうけど、ただ、どうしても“こじつけ”感ってのが少し強くて、どうかなって思う部分もあったんやけどね。

それでも、親子の絆をテーマにしたサスペンス・ドラマは、エンタメ作品としては、十分に楽しめるのかも?!

« 『さらば青春の光』 | トップページ | 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事