« 『ヒトラーに屈しなかった国王』 | トップページ | 『RAW 少女のめざめ』 »

2018年8月31日 (金)

『巫女っちゃけん。』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

広瀬アリスといえば、ご存じのとおり、広瀬すずの姉になるんやけど、最初はあまりパッとしない、中途半端な“アイドル女優”扱いやったのが、妹がメジャーになって、一緒に売れ出したって感じなんかな。

最近では、ちょっとプライベートがエキセントリックで天才肌(?)な妹と対照的な姉のほうに、業界のひとが好意的みたいな話が流れたりして、ホンマかどうかは知らんけど、姉人気が盛り上がってるらしい。

ちなみに、監督をしてるグ・スーヨンってひとは、山口県の出身で、『ハードロマンチッカー』以来、久々の監督作ってことになるみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

巫女っちゃけん。   ★★★☆☆   (2017年)

監督:グ・スーヨン
出演:広瀬アリス、山口太幹、山崎萌香、仁村紗和、リリー・フランキー、飯島直子、川津明日香、MEGUMI

仕事を辞めて、新たな職探しのための就活をしながら、実家の神社で嫌々巫女のアルバイトをしている宮司の娘は、神社で起こった放火事件と賽銭泥棒の犯人である家出少年を捕まえるのだが...............................ってなドラマ?!

神社を舞台に、そこで暮らす宮司の娘を中心に、やって来た男の子との交流を通じて、くすぶった人生の新たな一歩をってところなんかな。

ヒロインを演じる広瀬くんの、ちょっと“ヤンチャ”な巫女っぷりでコミカルさを出しつつ、脇にリリーおじさんを配して、独特の雰囲気を加えてって感じで、それなりにキャスティングは考えられてたのかな。

神聖な世界と、少し下世話な世界の接点としての融合をってことかもしれんけど、話にややまとまりがないせいか、そこまでオモシロミが感じられなかったかもなぁ(苦笑)

タイトルから、なんとなくコメディ要素が強そうに思えたのが、それほどでもないところで、どこかシックリとこなかったのかも?!

« 『ヒトラーに屈しなかった国王』 | トップページ | 『RAW 少女のめざめ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事