« 『ベロニカとの記憶』 | トップページ | 『リベリアの白い血』 »

2018年9月30日 (日)

『ジャケット』

今日は、ちょっと前のサスペンスものをひとつ、ご紹介♪

監督をしてるジョン・メイブリーってひと、イギリス生まれみたいなんやけど、シンニード・オコナーのヒット曲“Nothing Compares 2 U”のミュージックビデオを撮ったひとみたいで、その時にグラミー賞にノミネートされてて、映画の方ではベルリン国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞したりしてるみたいなんよ。

そんなこともあってか、この作品、スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーの仲良しコンビが、そろって製作に名を連ねてるんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

ジャケット / The Jacket   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ジョン・メイブリー
出演:エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ、クリス・クリストファーソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ケリー・リンチ、ブラッド・レンフロー、ダニエル・クレイグ、ブレンダン・コイル、マッケンジー・フィリップス、ローラ・マラーノ、ジェイソン・ルイス、スティーヴン・マッキントッシュ

湾岸戦争で負傷し、記憶障害を患う男が、殺人事件に巻き込まれ、施設送りとなる。そこでの治療により、彼は未来を“目撃”するのだが...................ってな、サスペンス調の恋愛映画?!

思い出せない過去と、まぶたの裏に広がる未来の世界、交錯する時間軸のなかで、繰り広げられる、真実を追い求める旅、そしてその行方は、ってなドラマ。

この作品、映像的にも、なかなか技巧を凝らしてて、思ったほど悪いデキではない感じなんやけど、ただ、この手の話にどうしても付きまとうのは、いかにして説得力を持たせるかで、どうしても話に無理が生じるために、ツッコミ入れたくなるんよなぁ(苦笑)

主演のブロディくんの演技も悪くはないんやけど、作品全体のインパクトがもう一息で、まぁ、ヒロインを演じるキーラくんの魅力には、個人的なインパクトは十分あったんやけど...................?!

« 『ベロニカとの記憶』 | トップページ | 『リベリアの白い血』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事