« 『さよなら、僕のマンハッタン』 | トップページ | 『運命じゃない人』 »

2018年9月20日 (木)

『ココシリ』

今日は、中国と香港の合作映画をひとつ、ご紹介♪

“ココシリ”ってのは、海抜4,700メートル地点にあるチベット高原の山岳地帯で、この作品の撮影にあたっては、監督やスタッフは、高山病と闘いながら、必死の思いでやってたらしんよ。

その甲斐があってか、この作品、サンダンス映画祭で審査員賞にノミネートされたり、ベルリン国際映画祭で賞をもらったりと、世界的にも評価されたらしんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ココシリ / Kekexili : Mountain Patrol   ★★★☆☆   (2004年)

監督:ルー・チューアン
出演:デュオ・ブジエ、チャン・レイ、キィ・リャン、チャオ・シュエジェン

チベットの山岳地帯に住むカモシカを狙い、繰り返される密猟から生き物を守るために結成された私設パトロール団の男たち、そんな彼らを取材するために一人の記者が同行するのだが...................ってなドキュメンタリー調の中国映画?!

美しくも、どこか荒涼としたチベットの自然の中での追跡劇、金のためでなく、無残に殺されていくカモシカを守るため、命をかけて任務を行う男たち、正義を全うしようとする姿は迫力があるよなぁ。

でも、大自然の前では、しょせん人間の存在なんてちっぽけなものでしかなく、様々な困難に襲われて、男たちの顔のしわには、いつしか悲しみが刻み込まれる.............ってな感じかな。

実際に現地で撮影されたらしく、スクリーンに広がる映像には説得力があったし、真実に基づく話ということで、これによって、この一帯が自然保護区となったということが、救いになったよね。

いや、ほんとに彼らの勇気に拍手!!

« 『さよなら、僕のマンハッタン』 | トップページ | 『運命じゃない人』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事