« 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』 | トップページ | 『ウェザーマン』 »

2018年9月16日 (日)

『インサイド・マン』

今日は、スパイク・リーの監督作をひとつ、ご紹介♪

スパイク・リーといえば、アカデミー賞で名誉賞を与えられるくらい、黒人監督としては成功を収めたひとなわけやけど、80年代終わりから90年にかけての無双ぶりは、すごかったんよなぁ。

それが、最近では、監督作品はほとんど劇場で公開されることなく、レンタル屋に直行になってしまってるってのが、なんや淋しかったりするんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

インサイド・マン / Inside Man   ★★★☆☆   (2006年)

監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーエン、ジョディ・フォスター、ウィリアム・デフォー、クリストファー・プラマー、キウェテル・イジョフォー、ウィレム・デフォー、カルロス・アンドレス・ゴメス、アシュリー・アトキンソン、キム・ディレクター、カサンドラ・フリーマン、ジェームズ・ランソン

ひとりの男が仕掛けた銀行強盗の完全犯罪、その解決に挑むひとりの交渉人と、謎の依頼を受けた女弁護士、はたして事件の行方は......................ってなクライム・サスペンス?!

当然ながら、監督がスパイク・リーって聞いた時点で期待をしてまうわけやけど、どうも作品全体の間の悪さ、そしてダイアローグも安っぽくて、ワクワクするものが全く感じられないってな感じで、どうしたんやろなぁって思ってもうた。

中途半端に人種差別や暴力反対なんかのメッセージを入れるもんやから、白々しく取って付けたような印象しかなくて、なかなか伝わず、観終わったときの疲労感ってのが、かなりのものやったね。

お気楽な警察の対応や、無意味な仕掛けに対し延々と謎解きする様は、どうにも我慢できずに、あくびが出てもうて、こらえるのに必死やった。

せっかく、これだけいい役者を集めたのなら、もう少しスリリングな展開にして欲しいって思うし、尺的にも2時間以上も引き伸ばす作品やないね。

それでも諦めきれない気持ちはあるんやけど、こういうデキを見せられると、あぁ、あの頃の作品に溢れる“毒気”はどこいったって言いたくなるやんか??(苦笑)

« 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』 | トップページ | 『ウェザーマン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事