« 『結婚まで1%』 | トップページ | 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』 »

2018年10月16日 (火)

『阿修羅少女(アシュラガール) ~BLOOD-C 異聞~』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは“BLOOD-C”っていうオリジナルのアニメらしく、そいつを実写映画化したものらしいんやけど、残念ながら、よく知らんのよ。

あまりアニメの世界は詳しくないんやけど、Production I.Gっていうアニメ制作会社と、CLAMPっていう女性漫画家の集団がコラボして、原作を作ったらしい。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

阿修羅少女(アシュラガール) ~BLOOD-C 異聞~   ★★★☆☆   (2017年)

監督:奥 秀太郎
出演:青野 楓、松村龍之介、古田新太、坂井真紀、田中要次、手塚とおる、宮原華音、郷本直也、滝川英治、結城貴史、石渡真修、吉川麻美、銀粉蝶、水野美紀

寂れた寒村で、軍や警察の人間が何者かによって殺されたことで、村人を疑う警察の捜査が行われるが、その村に、魔物を退治することを宿命とする少女が現れ......................ってなバイオレンス・アクション?!

強引な捜査をする警察と、それに反発する村人たちとの間は一触即発となるなか、病気の姉を看病する男は、転がり込んできた日本刀を持った女の子に戸惑いつつも、自分の住む小屋に止めてあげるのだが......................ってなことで、日本刀を振り回して大活躍ってね。

まじめに語るところではないのは分かりつつも、なんか、設定は戦前ってことらしいんやけど、衣装に統一感がなくて、中途半端さからくる違和感がありまくりで、とりあえず、なぜ主人公がセーラー服かっていう部分で、下世話さが出まくりやったよ(笑)

まぁ、アクションは形になてるっぽいし、元ねたが好きなひとには、それなりに盛り上がるポイントなんかもあるんやと思いつつも、あえて観る必要があるかっていうのを強く感じるくらいのB級感やったかなぁ.....................?!

« 『結婚まで1%』 | トップページ | 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事