« 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』 | トップページ | 『四月の永い夢』 »

2018年10月18日 (木)

『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』

今日は、ミステリーものをひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとはピュリッツァー賞を受賞した舞台劇やったらしいんやけど、戯曲の原作者が脚本を書いて、映画化したみたいなんよね。

ゴールデン・グローブ賞で、主演のグウィネス・パルトロウが主演女優賞にノミネートされて、ヴェネチア映画祭で金獅子賞にノミネートってことで、それなりに評価された作品なんやろうと思う。

監督をしているジョン・マッデンといえば、同じくグウィネス・パルトロウが主演してた『恋に落ちたシェイクスピア』のひとで、ちょっと期待をしたんやけど。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

プルーフ・オブ・マイ・ライフ / Proof   ★★☆☆☆   (2005年)

監督:ジョン・マッデン
出演:グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィス、ダニー・マッカーシー、ゲイリー・ヒューストン、コリン・スティントン、ロシャン・セス

偉大なる数学者であった父の最期を看取った娘は、精神を病んで逝った父親と自分を重ね、不安に苛まれるが、追い討ちをかけるように姉が葬儀にやってきて....................ってな物語?!

父親に対する敬愛の想いと、病気に対する恐れといった、複雑な娘の心情ってのを回想シーンをつなぎ、じっくりと語っていくんやね。

タイトルからもわかるとおり、「証明」することが作品のテーマなだけに、会話もひねりがあって悪くないんやけど、なんかまとまりがないというか、盛り上がりがないというか........................(苦笑)

グウィネスくんの上品な美しさは相変わらずで、見とれてもうたんやけど、それを活かしきれない物足りなさがあったかなぁ。でもって、役柄とは言え、ホープ・ディヴィスのウザさは半端やなかった。

悪くない顔ぶれの役者なのに、伝わるものが少なかったっていうのは、なんかちょっと残念なデキやったなぁ?!

« 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』 | トップページ | 『四月の永い夢』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事