« 『四月の永い夢』 | トップページ | 『BPM ビート・パー・ミニット』 »

2018年10月20日 (土)

『ダ・ヴィンチ・コード』

今日は、ちょっと今さらな作品をひとつ、ご紹介♪

これ、ご存じのとおり、ベストセラーとなったダン・ブラウンの小説を映画化したもので、すでに紹介してる『天使と悪魔』『インフェルノ』と同じシリーズの1作目ってことになるんかな。

ちなみに、日本アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされてたみたいなんやけど、一方で、ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)でも、最悪監督賞にノミネートされてるんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.............................?!

ダ・ヴィンチ・コード / The Da Vinci Code   ★★★☆☆   (2006年)

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリナ、ジャン=ピエール・マリエール、ユルゲン・プロフノウ、セス・ガベル、サム・マンキューゾ

ルーヴル美術館で起こった殺人事件をきっかけとして、キリスト教最大の謎、“聖杯”の行方を追うってなことで、ベストセラー小説を映画化したサスペンス?!

2時間半の時間を感じさせない展開で流れる物語は、予め本を読んでしまって、イメージできてるせいか、それほど違和感はなかったかな。

マッケランじいさんやベタニーくんが脇を固めているんで、とりあえずのクオリティはあったんやけど、ただ.....................やっぱりトム・ハンクスやろね?!

好みもあるんやろうけど、どうも安っぽく見えてもうて、まぁ、ある意味、やっぱり彼はハリウッドを体現してるって解釈になるのかもしれんけど。

作家が製作に加わってるだけに、元ネタもそれなりに活かされてはいるんやけど、文字で読んだときに感じたイメージの広がりが、映像で見せられると、ちょっとね.................(苦笑)

結局のところ、娯楽としては十分成立してるんやけど、後世に残すほどの作品かって言うと...かなり疑問やったかなぁ!?

« 『四月の永い夢』 | トップページ | 『BPM ビート・パー・ミニット』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事