« 『覆面系ノイズ』 | トップページ | 『ブリグズビー・ベア』 »

2018年10月13日 (土)

『ザ・シークレットマン』

今日は、伝記ものをひとつ、ご紹介♪

ウォーターゲート事件といえば、時のアメリカ大統領だったリチャード・ニクソンが、任期途中で辞任に追い込まれた原因となった出来事で、政権内部の情報源(通称“ディープ・スロート”)からもたらされたネタによって、マスコミが追及したらしいんよ。

そんな内部通報者の苦悩を描いたのがこの作品なんやけど、監督をしてるピーター・ランデズマンってひとは、もともとはジャーナリストやったらしく、以前に紹介した『コンカッション』なんかで社会派の実話をネタに作品を作ってるだけに、適任やったのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

ザ・シークレットマン / Mark Felt: The Man Who Brought Down The White House   ★★★★   (2017年)

監督:ピーター・ランデズマン
出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン、マートン・ソーカス、ブルース・グリーンウッド、アイク・バリルホルツ、ジョシュ・ルーカス、トニー・ゴールドウィン、エディ・マーサン、マイケル・C・ホール、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、マイカ・モンロー、ケイト・ウォルシュ、トム・サイズモア、ジュリアン・モリス

FBIの副長官をしていた男は、ウォーターゲート事件の捜査を行っていたが、そのタイミングで長官のフーバーが亡くなり、時の大統領ニクソンに近い者が長官となり、組織への圧力がかかることへの対抗策として、匿名で捜査情報をマスコミにリークするのだが......................ってな政治ドラマ?!

ホワイトハウスの関与が疑われながらも、迫りくる権力者からの圧力、様々な思惑が渦巻くなか、FBIという組織を守るためにも真実を明るみだそうとするが......................ってなことで、なかなかスリリングな展開で事件の裏側を語ってるんよ。

なんといっても主役を演じるリーアムおじさんの渋みがポイントなわけやけど、久しぶりにアクションのない演技を見せつけられると、やっぱり一流の役者やなぁって思わされるよね。

長く正体が不明だったウォーターゲート事件の内部告発者、その存在があったからこそ、アメリカの政治が変わった、その歴史的事実を映し出したドラマは、なかなかの見ごたえやったよ!?

« 『覆面系ノイズ』 | トップページ | 『ブリグズビー・ベア』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事