« 『リベリアの白い血』 | トップページ | 『ウィスキーと2人の花嫁』 »

2018年10月 2日 (火)

『ギフテッド フリムンと乳売りの女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

監督をしてる出馬くんは、過去の作品でも沖縄を舞台にした『マブイの旅』って作品や『ソフテン!』、沖縄の女優さんのドキュメンタリーなんかを撮ってるひとらしく、どうやら沖縄に所縁があるっぽいね。

そんな監督さんがヒロインに選んだ間宮夕貴って女優さんは、もともとグラビアをやってたりしたらしいんやけど、かなり大胆に露出する女優さんってことで、最近、たまに名前を目にするんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ギフテッド フリムンと乳売りの女   ★★☆☆☆   (2017年)

監督:出馬康成
出演:原嶋元久、間宮夕貴、ミヤグニマサト、ちなのぞみ、安里勇哉、桜井奈津、宮脇 健、なかじまままり、立川こしら

元黒服で現在はブルドッグのブリーダーになろうとしている男と、おっぱいパブで働く女、同棲して半年のふたりだったが、互いの気持ちがすれ違い..........ってなドラマ?!

貧しい生活を抜け出すために、彼女よりも飼っている犬たちを愛する男と、生活のためにオッパイを売る女、そんな男女のやるせない恋愛をってとこなんかな。

いかにも低予算な感じが溢れてるところで、素人感まるだしの演技と演出の拙さばかりが目についてもうてなぁ..............(苦笑)

歯車が狂って、どうにもうまくいかない人生ってのを、悲哀をこめてってことなんやろうけど、延々とループするひどくチープな音楽やら、サブキャラの設定も含めて、なんかとってもビミョーな感じに思えて、最期までほとんど乗り切れなかった?!

« 『リベリアの白い血』 | トップページ | 『ウィスキーと2人の花嫁』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事