« 『台湾より愛をこめて』 | トップページ | 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 »

2018年10月31日 (水)

『ローズの秘密の頁(ページ)』

今日は、アイルランドの映画をひとつ、ご紹介♪

監督のジム・シェリダンってひとは、アイルランドのダブリンの出身なんやけど、最近はハリウッドで映画を作ってたのが、久しぶりに故郷に戻って手掛けたのが、この作品ってとこなんかな。

監督さんの初期は、ダニエル・デイ・ルイスをメジャーにしたっていう功績があるんやけど、何気に前作がきかっけでダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズが結婚したらしいんよね。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ローズの秘密の頁(ページ) / The Secret Scripture   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ジム・シェリダン
出演:ヴァネッサ・レッドグレーヴ、エリック・バナ、ルーニー・マーラ、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ、エイダン・ターナー、スーザン・リンチ、エイドリアン・ダンバー、トム・ヴォーン=ローラー

精神病院に40年間収容されていたひとりの老女、病院の閉鎖にともない、転院の手続きが行なわることになり、ひとりの精神科医が彼女の診断をすることになるのだが.......................ってなドラマ?!

自らの赤ん坊を殺したことで、病院に強制的に入れられた彼女だったが、本人が聖書の隅に綴った日記には、自分は殺していないと書かれており、自らも否定する彼女が語る話を、精神科医の男と看護婦が聞くのだが....................ってなことで、戦時中の悲劇をってとこなんかな。

なんといっても、やっぱりヴァネッサおばちゃんの圧倒的な存在感がすごいんやけど、アクションのない、落ち着いた演技をみせるエリックくんってのも、なかなか悪くなかったね。

ひとりの女性がたどった悲しい人生が明らかにってことで、なかなかドラマチックな話ではあるんやけど、なんとなく展開が途中で読めてしまうあたりで、少し盛り上がりきらんかったかもなぁ?!

« 『台湾より愛をこめて』 | トップページ | 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事