« 『ナチョ・リブレ 覆面の神様』 | トップページ | 『ザ・シークレットマン』 »

2018年10月12日 (金)

『覆面系ノイズ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、どうやら人気の少女コミックが元ネタらしいんやけど、まぁ、あえて言う必要もないんやけど、ハゲおやじが原作を知る余地はなく、実写化してどうかってなところは、よう分からんのよね。

監督の三木康一郎ってひとは、どうやらTVのバラエティ番組のディレクターをやってて、そこからTVドラマを経て、映画監督になったひとらしい。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

覆面系ノイズ   ★★★☆☆   (2017年)

監督:三木康一郎
出演:中条あゆみ、志尊 淳、小関裕太、杉野遥亮、磯村勇斗、中島亜梨沙、渡辺 大、真野恵里菜

転校した学校で、小学生の頃に出会った男の子と偶然に再会した女子高生は、彼のバンドで彼の作った歌を歌うことになるが、彼女の心のなかには、別の男の子への想いがあり.........................ってな、高校生の恋愛ドラマ?!

彼女のことを想って曲を作り続けていた男の子と、別の男の子に声を伝えるためにうたい続けていた女の子、そして同じように彼女を忘れられずにいた男の子、運命に導かれるように再会する3人の恋の行方は......................ってなことで、歌をネタにした恋の三角関係をってね。

幼い頃に出会った3人が、それぞれに並外れた(?)音楽の才能を持ってたって設定の時点で、ちょっと現実離れしすぎて、ハゲおやじは置き去りぎみやったよ(笑)

歌ものをネタにしつつ、そこまで心を揺さぶられる歌声とは思えないまでも、とりあえずはヒロインが歌えるって時点で、話としては成立してたかな。

原作をまったく知らないだけに、実写化の価値がどうなのかは分からんけど、単純に青春恋愛映画としては、ボチボチとってとこなのかもね?!

« 『ナチョ・リブレ 覆面の神様』 | トップページ | 『ザ・シークレットマン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事