« 『ハッピー・エンディング』 | トップページ | 『死の谷間』 »

2018年11月 6日 (火)

『ミスミソウ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタになってるのが、その筋では人気のホラー系の漫画らしく、そいつを若手俳優を使って映画化したってことらしく、いろいろと海外の映画祭なんかにも出展してたみたいやね。

監督の内藤瑛亮といえば、商業映画デビューとなった『先生を流産させる会』ってのが、そのショッキングな内容からも話題になって、その後も野村周平と夏帆が出演した『パズル』、間宮祥太朗や中条あやみなんかも出演した『ライチ☆光クラブ』といった、なかなか個性的な作品を作ってるイメージかな。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ミスミソウ / Liverleaf   ★★★☆☆   (2017年)

監督:内藤瑛亮
出演:山田杏奈、清水尋也、大谷凛香、紺野彩夏、中田青渚、大塚れな、櫻愛里紗、寺田 農、片岡礼子、玉寄世奈、戸田昌宏、大友一生、遠藤健慎、森田亜紀

父親の仕事の関係で、田舎町にある学校に転校してきた中学生の女の子は、いつしかクラスの中心メンバーからイジメを受けるようになり、エスカレートして家に放火され、両親を亡くし、妹は火傷で重体となるのだが...............ってなバイオレンスもの?!

家族を失った女の子の怒りは、抑えることができずに暴走するが............ってなことで、かなりハードな復讐ドラマが展開するんよ。

出だしの重苦しい感じから、一気にメーターを振り切るあたりで、ちょっとグロすぎなところもありつつ、ただ、そこで安易にチープなバイオレンスにならずに、ある種のセンスを感じさせるあたり、意外と嫌いやないんよなぁ(笑)

まぁ、かなり“やりたい放題”なところが、好き嫌いの分かれるところやとは思いつつ、遠慮なくとことん突き進むってのは、これはこれでアリかなぁって思わせてくれるね?!

« 『ハッピー・エンディング』 | トップページ | 『死の谷間』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事