« 『ユナイテッド93』 | トップページ | 『ミスミソウ』 »

2018年11月 5日 (月)

『ハッピー・エンディング』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、コメディ調の作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、サテライト賞ってので、いくつかのノミネートを受けたりしてて、インディペンデント・スピリット賞でもマギー・ギレンホールが助演女優賞にノミネートされてたんよね。

監督のドン・ルースってひとは、もともと脚本家として知られたひとで、この作品にも出演してるリサ・クドローとクリスティナ・リッチが共演した『熟れた果実』って作品で、インディペンデント・スピリット賞の新人監督賞や脚本賞を受賞したらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ハッピー・エンディング / Happy Endings   ★★★☆☆   (2005年)

監督:ドン・ルース
出演:トム・アーノルド、ローラ・ダーン、リサ・クドロー、スティーヴ・クーガン、マギー・ギレンホール、ジェイソン・リッター、サラ・クラーク、タマラ・デイヴィス、デヴィッド・サトクリフ

母親の再婚相手の息子と肉体関係をもち、10代で妊娠した彼女のその後と、その周りの人々のちょっぴり世知辛い人間模様を描いたコメディ・タッチのドラマ?!

同性愛カップルにマッサージ師、住所不定の女に映画監督志望の若者、絡み合うそれぞれの非日常的な日常を、ちょっとおもしろオカシクってとこなんかな。

未公開作品ながら、話の語り方が独特で、どこか淡々とした展開でありながら、登場人物たちの不器用な生き様が、観てるうちに気になってくる、そんな、なかなか味のあるドラマやったよ。

これまでは、大ヒットしたテレビコメディの人気キャラで、コミカルさがウリのイメージやったリサくんが、ちょっとシリアス目の演技をしてるあたりが、なんか意外やったね?!

« 『ユナイテッド93』 | トップページ | 『ミスミソウ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事