« 『シャイニング』 | トップページ | 『パンとバスと2度目のハツコイ』 »

2018年12月 3日 (月)

『ディザスター・アーティスト』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、実話を基にしたドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、実は監督をしてるのが、あのジェームズ・フランコで、アカデミー賞で脚色賞にノミネートされて、主演もしてるジェームズくんは、ゴールデン・グローブで男優賞を受賞したりして、かなり評価されたらしいんよね。

実は、“The Room”っていうカルト的な人気になった映画があるらしく、製作費 600万ドルで公開初週末の興収が 5,800ドルだったっていうヤバいできだったのが、逆にそれが人気になって、数年かけて元をとったんやって。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

ディザスター・アーティスト / The Disaster Atrist   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ジェームズ・フランコ
出演:ジェームズ・フランコ、デイヴ・フランコ、セス・ローゲン、アリ・グレイナー、ジャッキー・ウィーヴァー、ザック・エフロン、アリソン・ブリー、ジョシュ・ハッチャーソン、ジューン・ダイアン・ラファエル

役者になる夢をかなえるために演技の勉強をしていた青年は、同じ演技のレッスンを受けていた男と出会い、一緒にロスに行くことになるのだが................ってな、カルト映画を作ったふたりの男を描いた実話もの?!

強烈な個性に惹かれて、意気投合して、気づいたら一緒に映画を作ることになったが、いろいろと問題が発生し、あれこれと..............ってなことで、インディーズ映画のできるまでってな感じかな。

いやぁ、主演を確認せずに観てたんやけど、主役をジェームズくんが演じてるとは気づかないくらいの、かなりキレキレの演技やった(笑)

実際のデキあがった作品は観たことがないんやけど、ひとつの作品を苦労して作り上げ、それが作り手の意図とは違うところで、驚くようなある種の“奇跡”を起こす、なんかね、映画っていいなぁって思わせてくれる、そんな作品やったかも?!

« 『シャイニング』 | トップページ | 『パンとバスと2度目のハツコイ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事