« 『主人公は僕だった』 | トップページ | 『三尺魂』 »

2018年12月10日 (月)

『スノーマン 雪闇の殺人鬼』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品、未公開ながらも、出演してるキャストが、なかなか豪華で、イロ男のマイケル・ファスベンダーに加え、シャルロット・ゲンズブールやJ・K・シモンズ、トビー・ジョーンズといったベテランから、個人的には久しぶりのクロエ・セヴィニーといった、なかなか楽しめる面々がそろってるんよ。

それもそのなず、監督をしてるトーマス・アルフレッドソンってひとは、スウェーデンのひとなんやけど、『ぼくのエリ 200歳の少女』で世の中の度肝を抜き、『裏切りのサーカス』では、英国アカデミー賞の監督賞にノミネートされたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

スノーマン 雪闇の殺人鬼 / The Snowman   ★★★☆☆   (2016年)

監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:マイケル・ファスベンダー、レベッカ・ファーガソン、シャルロット・ゲンズブール、ヴァル・キルマー、トビー・ジョーンズ、J・K・シモンズ、クロエ・セヴィニー、ソフィア・ヘリン

アル中ぎみの飲んだくれ刑事は、連続する女性失踪事件を捜査することとなり、他の街から異動してきたばかりの若手の女性刑事と一緒に動くのだが.................ってなサスペンスもの?!

行方不明となった女性たちの共通点は、それぞれ夫や恋人との関係がうまくいっておらず、幼い子供がいること、そんな少ない手掛かりから、犯人を捜すのだが...............ってなことで、凍てついたノルウェーの景色のなか、なかなかスリリングなドラマが展開するんよ。

犯人を突き詰めたつもりが、意外な展開にってなことで、いろいろと伏線があったり、ヒネリがあったりで、まぁ、多少、強引なところもありつつも、うまく盛り上げてたんと違うかな。

作品の評価自体は、正直イマイチな感じみたいなんやけど、なかなか豪華な面々もキャスティングされてて、個人的には思った以上に楽しめたかも?!

« 『主人公は僕だった』 | トップページ | 『三尺魂』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事