« 『ファントム・スレッド』 | トップページ | 『ピュア』 »

2018年12月23日 (日)

『来る』

今日は、久しぶりに劇場で公開してる作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタになってるのは、日本ホラー小説大賞ってのを受賞した澤村伊智ってひとの小説らしく、それを監督の中島哲也が脚本をおこして、映画化したものなんやって。

中島くんといえば、最近はすっかりメジャーな監督になって、松 たか子が主演した『告白』、役所広司が主演した『渇き。』と、そこそこの評価の作品を作り続けてるよね。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

来る   ★★★☆☆   (2018年)

監督:中島哲也
出演:妻夫木 聡、岡田准一、黒木 華、小松菜奈、青木崇高、柴田理恵、松 たか子、太賀、伊集院 光、石田えり、志田愛珠、蜷川みほ

幼い頃に友だちが人さらいにあって、行方不明になったことがある男は、大人になって最愛の妻とひとり娘と一緒に暮らしていたが、周囲で不吉なことが頻発し、民俗学者の友人に相談するのだが..........................ってなホラー系のドラマ?!

家族と幸せな日々を過ごしていたはずが、得たいの知れないなにかにつきまとわれ、それが何なのかを突き止めようと、霊媒師の力を借りるが、相手は思いのほか強大で........................ってなことで、怖い話やった(笑)

中島くんらしく、映像的になかなか凝ってて、かなりドギツイ描写もありつつ、ドラマのインパクトをうまく映像で増強させてる感じやったね。

岡田くんあたりは、出だしはなかなか、普段ないキャラでオッって思ったんやけど、次第に出番が増えるにつれ、例によって薄っぺらさが鼻についてしまって.........................(苦笑)

あと、どういう演出なのか不明なんやけど、中途半端に違和感のある音楽をバックで流してるのが気になってしまって、ちょっと気分的にノリきらんかった。

それでも、豪華なキャストを存分に使いつつ、監督さんのらしさを前面に、なかなかインパクトのある作品には、仕上がってたんと違うかな?!

« 『ファントム・スレッド』 | トップページ | 『ピュア』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事