« 『ロープ/戦場の生命線』 | トップページ | 『明日への遺言』 »

2019年1月 3日 (木)

『キャリー』

今日は、すでにクラシックな感のあるホラー系の映画をひとつ、ご紹介♪

この作品は、スティーヴン・キングのベストセラー小説を映画化したもので、ブライアン・デ・パルマを有名にした作品でもあるんよね。

ホラー系の作品でありながら、アカデミー賞でシシー・スペイセクが主演女優賞に、パイパー・ローリーが助演女優賞に、それぞれノミネートされて、話題になったんよなぁ。

2013年に、おなじ『キャリー』ってタイトルで、クロエ・グレース・モレッツを主演に、リメイクされたんやけど、その時も“あの作品をリメイクか”って、注目されてたっけ。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

キャリー / Carrie   ★★★☆☆   (1976年)

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:シシー・スペイセク、パイパー・ローリー、ウィリアム・カット、ジョン・トラヴォルタ、エイミー・アーヴィン、ナンシー・アレン、ベティ・バックリー、シドニー・ラシック、プリシラ・ポインター、P・J・ソールズ

クラスでいじめられ、家では宗教に狂った母親に虐待される女子高生、そんな彼女がプロムに誘われ、幸せなひと時を過ごすのだが.....................ってなホラー系ドラマ?!

どことなく爽やかなエロから始まり、ちょっぴり青春の学園ドラマへ、でもって、そこから..................一気にホラーなラストへ..................いやぁ、なんともユニークな構成やったね(笑)

他人を信じられず、それでも“ひょっとして”という微かな期待を抱き、それがまんまと裏切られたときに、暴発するとてつもない怒りの感情、ひゃぁ~ホンマに恐ろしい。

この作品、アカデミー賞にノミネートされたのも納得できる、主役のシシーくんの存在感ってのがすさまじく、インパクトが半端ないんよなぁ。

根暗ないじめられっ子から、恋する乙女、そして目玉をむき出しにした憎しみの顔、本当に見事な演技やったね?!

« 『ロープ/戦場の生命線』 | トップページ | 『明日への遺言』 »

名画のススメ」カテゴリの記事