« 『12人の怒れる男』 | トップページ | 『海がきこえる』 »

2019年1月14日 (月)

『美しい妹』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、フランス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるマリオン・コティヤールといえば、アカデミー賞の主演女優賞を受賞したこともある、フランスを代表する女優さんなわけやけど、そんな彼女が世界的にブレイクする前に出演してた作品のひとつが、これなんよ。

監督のジル・パケくんといえば、クリスティン・スコット・トーマスが主演した『サラの鍵』やシャーリーズ・セロンが主演した『ダーク・プレイス』といった作品で知られてるひとで、なかなか良質なドラマを撮る監督さんなんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

美しい妹 / Les Jolies Ghoses   ★★★☆☆   (2001年)

監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:マリオン・コティヤール、ストミー・バグジー、パトリック・ブリュエル、オフェリエ・ウィンテル、ティトフ

スターになることを夢見る破天荒な妹、そんな彼女のために替え玉として歌うことになった双子の姉、しかし、ライブの晩に妹は自殺してしまい、姉は妹になり代わり、歌手になろうとするのだが........................ってなフランス映画?!

まるっきり正確の違う姉と妹、それまで知らなかった妹のことを知り、いろいろと傷つきながらも、有名人になり................ってなことで、マリオンくんが一人二役で頑張るってね(笑)

いまや出演すれば何かしら賞レースに絡むくらい売れっ子なマリオンくんも、初期の頃は結構、大胆な演技をしてて、この作品でも、なかなか露出も多く、文字通り体当たりの演技をみせてくれるんよ。

ドラマとしては、姉がどうしても妹になるっていう、そもそもの設定に意味があまり見いだせないだけに、全体的に話に深みが出てないようで、もう一息な感じやったね?!

« 『12人の怒れる男』 | トップページ | 『海がきこえる』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事