« 『ザ・ムーン』 | トップページ | 『モール・フランダース~燃ゆる運命の炎~』 »

2019年1月 6日 (日)

『クロウ 飛翔伝説』

今日は、ちょっとカルト的な人気を誇る作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタがカルト的な人気のコミックってところで、すでにマニアの心をくすぐった(?)わけやけど、それに加えて、主役を演じたのが、あのブルース・リーの息子で、しかも、この映画の撮影中に、銃の誤射によって亡くなったってことでニュースになったんよね。

この“クロウ”のシリーズは、この作品を皮切りに、シリーズ化されたものの、1作目のブランドン・リーの存在感や、その死というのもあって、結局は1作目を越える作品はできずに、あまりヒットしなかったんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

クロウ 飛翔伝説 / The Crow   ★★★☆☆   (1994年)

監督:アレックス・プロヤス
出演:ブランドン・リー、アーニー・ハドソン、マイケル・ウィンコット、デヴィッド・パトリック・ケリー、ロシェル・デイヴィス、バイ・リン、エンジェル・デヴィッド、ローレンス・メイソン、アンナ・トムソン、マイケル・マッシー

恋人を惨殺され、自らも命を奪われた男は、死者の魂を導くカラスによって甦らされ、あの世からの使者として、復讐に向かうのだが.......................ってな、とってもダークなアクション映画?!

深い悲しみを抱えながら、不死身の体で悪党どもをシメていく、とってもダークなヒーローものながら、気持ちいいくらいに勧善懲悪ってとこがいいんよね。

確かに、出演者の顔ぶれといい、話の内容といい、けっこうB級な作りながら、最初から最後まで暗闇のなかで繰り広げられるバトルは、なかなか味わい深いものがあった。

まぁ、何と言っても、撮影中の事故(銃の暴発)で死んだブルース・リーの息子、ブランドンくんの鬼気迫る演技ってのが秀逸で、その存在感ってのが凄いインパクトやった。

ちょっと地味な作品ながら、背景なんかも考えると、センチメンタルな部分もあったりで、なかなか悪くはなかったかな?!

 

« 『ザ・ムーン』 | トップページ | 『モール・フランダース~燃ゆる運命の炎~』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事