« 『スルース』 | トップページ | 『トップ・ランナー』 »

2019年1月27日 (日)

『ハンコック』

今日は、SFアクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるピーター・バーグってひとは、80年代から90年代にかけて、もともと役者として名前が知られてたんやけど、その後、監督業に進出して、そちらでも活躍してるひとなんよ。

ジェイミー・フォックスやクリス・クーパーが出演した『キングダム/見えざる敵』や浅野忠信も出演した『バトルシップ』、マーク・ウォールバーグが主演した『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』といった作品で知られてるかな。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?! 

ハンコック / Hancock   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、ジェイ・ヘッド、エディ・マーサン、トーマス・レノン、ジョニー・ガレッキ、ダエグ・フェアーク

人並み離れた能力をもちながら、人助けと同時に街を破壊するため人々から嫌われ、飲んだ暮れる男。そんな彼に助けられた宣伝マンは、命の恩人のために、彼のヒーローとしてのイメージ向上作戦を打ち出すが.................ってな、アクション・コメディ?!

この作品、スミスくんのキャラが活きるように作られた設定にはなってて、それなりに笑えて、楽しめる内容にはなってるんやけど、映像がなんや安っぽくて、ちょっとB級感が漂ってた(苦笑)

少し展開にひねりもあり、意外性はあったんやけど、でも冷静に考えるとオイオイってツッコミを入れたくなってもうたりしてね。まぁ、シャーリーズ・セロンの美しさは良かったし、スミスくんのへタレ具合も悪くなかったんやけどね。

典型的なハリウッド娯楽作品としては、それなりのクォリティがあるわけで、こんなもんかって思いつつも、全体的には、どこか物足りなさが残る、そんな感じかもなぁ.......................?!

« 『スルース』 | トップページ | 『トップ・ランナー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事