« 『アメリカの森 レニーとの約束』 | トップページ | 『僕のピアノコンチェルト』 »

2019年2月19日 (火)

『転々』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

監督をしてる三木 聡ってひとは、もともとは放送作家をしてて、そこから映画監督になったみたいで、映画デビュー作の『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』『インスタント沼』といった、ちょっと“ゆるい”感じの個性的な作品を作ってるんよね。

出演してる三浦友和って、ずっと“山口百恵のダンナ”ってイメージだけで、役者としての評価ってそれほど高くなかったんやけど、この作品あたりから、「なんや、なかなかいい演技するな」って思うようになたんよ。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

転々   ★★★☆☆   (2007年)

監督:三木 聡
出演:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、岸部一徳、岩松 了、吉高由里子、松重 豊、石井苗子、平岩 岩、ふせえり、麻生久美子、風見章子

借金をチャラにするために、借金取りと東京散歩の旅に出た大学生、ダメダメな最低人生から抜け出すキッカケになるのか.....................ってな、ゆる~いコメディ調のドラマ?!

訳あって霞ヶ関を目指す道すがら出会う奇妙な人々、ささやかな瞬間を経て、落ち込んだ心が徐々に癒される.....................ってな感じで、かなり“まったり”とした作品やった。

そのなかでも、主人公と一緒に旅をするって役柄の三浦友和の少しズレた演技ってのが、いかにもオフビートな感じで、なんともいい味出してたなぁ。

ちょっと細かい笑いを強引に取りに行くところが、少々鼻につくんやけど、この不思議な雰囲気を最後まで観てると、ちょっと心地よさを感じるかな?!

« 『アメリカの森 レニーとの約束』 | トップページ | 『僕のピアノコンチェルト』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事