« 『転々』 | トップページ | 『キャンディ』 »

2019年2月20日 (水)

『僕のピアノコンチェルト』

今日は、スイスの映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるフレディ・M・ムーラーってひとは、スイス映画界の界隈では有名らしく、この映画でスイス映画賞の作品賞を受賞してるらしいんよ。

この作品に出演してるブルーノ・ガンツは、先日、訃報が届いたばかりなんやけど、『ベルリン・天使の詩』で世界的にブレイクしてからも、地道な活動で、ヨーロッパだけやなくて、アメリカでも人気やったね。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

僕のピアノコンチェルト / Vitus   ★★★☆☆   (2006年)

監督:フレディ・M・ムーラー
出演:テオ・ゲオルギュー、ブルーノ・ガンツ、ウルス・ユッカー、ジュリカ・ジェンキンス、ファブリツィオ・ボルサニ、エレニ・ハウプト、ダニエル・ロール、タマラ・スカルペリーニ、ハイディ・フォルスター、クリスティーナ・リコーヴァ

人並みはずれた頭脳と音楽の才能を持った少年、そんな彼に英才教育をする母親、馴染めない学校生活、天才であるがゆえの周囲との“壁”に苦しむ彼の理解者は祖父だった、ってな物語?!

優れたIQを持ち、ピアノを弾かせれば抜群の腕を持つ息子に、親は英才教育をほどこそうとするが...............ってなことで、この作品、なんといても、祖父役のブルーノ・ガンツのさりげない、安定した演技がよかったね。

周りの過度の期待に悩み、普通であることを望む少年と、祖父との友情、どことなくホノボノしてて、どこかユーモラスな展開は、なかなか楽しめたんと違うかな。

まぁ、そうは言いつつ、天才少年の心は、結局凡人には理解不能なわけで.................って、しがないハゲおやじが心配することやないんやけど.........................?!(苦笑)

« 『転々』 | トップページ | 『キャンディ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事