« 『中国の植物学者の娘たち』 | トップページ | 『アイム・ノット・ゼア』 »

2019年2月 8日 (金)

『クライマーズ・ハイ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタになってるのは、横山秀夫の同名小説なんやけど、実際に上毛新聞で記者をしてた作者が、日航機墜落事故を取材した際の経験をまとめて、小説にしたものらしいんよ。

監督をしている原田眞人ってひとは、『突入せよ!「浅間山荘」事件』『わが母の記』『日本のいちばん長い日』を撮ったんよね。

というわけで、そんな作品の感想は............................?!

クライマーズ・ハイ   ★★★☆☆   (2008年)

監督:原田眞人
出演:堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山﨑 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、西田尚美、高嶋政宏、螢 雪次朗、中村育二、でんでん、マギー、滝藤賢一、皆川猿時、野波麻帆、小澤征悦

日航機墜落事故を追う地元の新聞社を舞台に、事件に関わる人たちの姿を追いかけ、様々な軋轢に苦しみながらも、真相を追いかけるってな人間ドラマ?!

担当デスクを務めることになった男の苦悩、社内の部署間の対立、上司との衝突、記事を追う記者たちの執念、空前の大事故に翻弄される人々の様子を描くってね。

なかなか骨太のドラマに仕上がってた。紙面のできあがるまでの様子は、時間との戦いであり、緊迫感ってのが上手く伝わってたかも。

原作を知らないだけに、よく分からないんやけど、もう少し感情の高ぶりがあるかと思ってたところで、そういう意味でのドラマ性はなかったかな。でも、ズシリと重い話に仕上がってるあたりは、悪くなかったかな!?

« 『中国の植物学者の娘たち』 | トップページ | 『アイム・ノット・ゼア』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事