« 『ハリウッドランド』 | トップページ | 『アルビノの木』 »

2019年3月25日 (月)

『タイニー・ラブ』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、なかなか豪華な顔ぶれが揃った作品をひとつ、ご紹介♪
この作品、ともにアカデミー賞の主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンとマシュー・マコノヒーが共演した作品で、しかもケイト・ベッキンセイルも出演してるっていう、かなりキャスティングに気合いが入ってるんよ。
監督をしてるマシュー・ブライトってひとは、もともと脚本家として名前の売れてるひとやったらしいんやけど、この作品を最後に、ほとんど名前を見なくなってもうたみたいなんよなぁ。
というわけで、そんな作品の感想は....................?!
タイニー・ラブ / Tiptoe   ★★★☆☆   (2003年)
監督:マシュー・ブライト
出演:ケイト・ベッキンセイル、ゲイリー・オールドマン、マシュー・マコノヒー、パトリシア・アークエット、ピーター・ディンクレイジ、エド・ゲイル
愛する彼の子供を身ごもった彼女は喜ぶが、彼の方はなぜか浮かない表情で、実は彼には家族に関するある秘密が...................ってなドラマ?!
普通に見える彼には、実は双子の兄がいて、彼は小人症だった....................ってなことで、新しい命の誕生を機に、病気と向き合い、本当の愛情を問う............ってなとこなんかな。
いやぁ、それにしても、これだけ名の通った役者を使いながら、なんとも深みのないドラマに仕上がってもうてて、あまりにも期待値が高すぎたのか、ちょっと肩透かしをくらった気分になってもうたよ。
ビジュアル的に、まるで別人のようなゲイリーくんには、ちょっと驚きやったけど、それ以外に印象に残る部分があまりないんよなぁ。
おそらく差別や偏見をなくそうってことを言いたいんやろうけど、せっかくの独特なシチュエーションの割には、あまり胸にヒシヒシと伝わるものが、なかったんよね.........................?!

« 『ハリウッドランド』 | トップページ | 『アルビノの木』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事