« 『イコライザー2』 | トップページ | 『タイニー・ラブ』 »

2019年3月24日 (日)

『ハリウッドランド』

今日は、ミステリーものをひとつ、ご紹介♪
この作品、実際にTVシリーズのスーパーマンを演じたジョージ・リーヴスっていう役者さんが、自宅で死んでるのが見つかったって事件を基に、その真相を独自の解釈で描いたものらしいんよ。
この作品で、ジョージ・リーヴスを演じたベン・アフレックは、ヴェネチア映画祭で男優賞を受賞して、ゴールデン・グローブや放送映画批評家協会賞なんかでは、助演男優賞にノミネートされたんよね。
というわけで、そんな作品の感想は..................?!
ハリウッドランド / Hollywoodland   ★★★☆☆   (2006年)
監督:アレン・コールター
出演:エイドリアン・ブロディ、ベン・アフレック、ダイアン・レイン、ボブ・ホスキンス、ロビン・タネイ、ロイス・スミス、ラリー・セダー、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ、ジェフリー・デマン、モリー・パーカー、キャスリーン・ロバートソン、ザック・ミルズ
謎の死を遂げた初代スーパーマン、自殺とされたその“事件”を、彼の母親からの依頼で調べることになった私立探偵の目を通して、華やかなハリウッドのなかで苦悩する、ひとりの男の姿を描く..........ってなことで、実際の事件をモチーフに描かれたミステリー!?
映画会社の重役の妻との不倫、くだらないと思いながら演じてた役で一躍有名になり、役者としての悩み、婚約者との関係、真実はどこに................ってな感じなんやけど、結局は真相は未だもって分からんもんやから、スッキリせんってね(苦笑)
この作品で役者として評価されたアフレックくんは、同じ役者ってところで共感できたのか、確かに少し陰のある役を、懸命に表現しようとしてたかな。
しかし、そんな演じ手の頑張りも、ドラマとしてサイド・ストーリーがうまく絡みきれないところで、話が退屈になってもうたんかなぁ............?!

« 『イコライザー2』 | トップページ | 『タイニー・ラブ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事