« 『陰日向に咲く』 | トップページ | 『パラノイドパーク』 »

2019年3月 6日 (水)

『地上(ここ)より永遠に』

今日は、クラッシックな作品をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるフレッド・ジンネマンといえば、ゲイリー・クーパーとグレイス・ケリーが共演した『真昼の決闘』で注目されて、その直後に発表された今作で、アカデミー賞の監督賞を受賞したんよね。

監督賞の他にも、作品賞、助演男優賞や助演女優賞、脚色賞なんかも受賞してて、技術系の賞も含めて8冠を占めたってところで、それだけ話題になったってことなんやろなぁ。

ちなみに、役者として出演してるフランク・シナトラは、この作品でアカデミー賞とゴールデン・グローブで助演男優賞に輝いたんよね。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

地上(ここ)より永遠に / From Here To Eternity   ★★★☆☆   (1953年)

監督:フレッド・ジンネマン
出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、デボラ・カーン、ドナ・リード、フランク・シナトラ、フィリップ・オーバー、ジャック・ウォーデン、クロード・エイキンス、バーバラ・モリソン、アルヴィン・サージェント、アーネスト・ボーグナイン

太平洋戦争の開戦直前のハワイ、転属してきたひとりの兵隊は、上官に逆らって、虐めにあうことに........................ってな、1953年に作られた名作映画?!

軍隊での理不尽なしごきに耐え、頑なに自分の意志を貫く、そんな反逆児を演じてるモンゴメリが、なんとも言えず渋いんよなぁ。で、彼を見守る、理解ある軍曹役のランカスターも、いい具合に存在感があって、エエ味出してるんよ。

そんな男くさいふたりとその恋人、切ない恋模様をってところで、この当時から不倫を描くとは.......................“不倫は文化だ”なんて言ってたひとがおったけど、あながち否定できんかもね(笑)

作品全体の印象としては、やはりちょっと時代を感じるのか、いま観ると少々“やぼったい”気はするけど、なかなか味のあるドラマやったかなぁ?!

« 『陰日向に咲く』 | トップページ | 『パラノイドパーク』 »

名画のススメ」カテゴリの記事