« 『教誨師』 | トップページ | 『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』 »

2019年4月20日 (土)

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

今日は、イギリスのコメディものをひとつ、ご紹介♪

この作品、ご存じ、Mr.ビーンでおなじみのローワン・アトキンソンが主演のシリーズもので、『ジョニー・イングリッシュ』『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』に次ぐ、シリーズ第3弾なんよ。

監督さんは、これが映画デビュー作になるらしいんやけど、経歴を見ると、これまではTVドラマを数多く手がけてるみたいで、そっちで英国アカデミー賞を受賞したりしてるみたいやから、なかなかの腕前なのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は...............?!

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 / Johnny English Strikes Again   ★★★☆☆   (2018年)

監督:デヴィッド・カー

出演:ローワン・アトキンソン、オルガ・キュリレンコ、ベン・ミラー、エマ・トンプソン、ジェイク・レイシー、アダム・ジェイムス、ノア・スピアース、ケンドラ・メイ、マイケル・ガンボン、チャールズ・ダンス、エドワード・フォックス、ロジャー・バークレー

サイバーテロによって、イギリスの諜報部のエージェントの情報が漏洩し、犯人を捜すために復帰することになった元エージェントの男だったが...............ってなコメディ・アクション?!

ハイテクを駆使する相手に、ローテクで対抗する、そんなハチャメチャな活躍をローワンおじさんらしいユーモアでってなとこかな。

007を意識しながら、徹底的にダメなスパイを演じながら事件を解決してしまう、そんなキャラを嫌味なく演じられるのは、彼ならではなのかもね。

相当なベタぶりに、この下らなさに耐えられるかっていう忍耐力を試されてるのかもしれんけど、まぁ、爆笑するようなことはないものの、個人的には嫌いやないんよ。

これで、とりあえずシリーズ3作目まできたってことは、まだ続く可能性は............あるかな?!

 

« 『教誨師』 | トップページ | 『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事